奥が深い!計測機

計測機なら当サイトにお任せ!

このサイトでは圧電型加速度センサー(計測器)やひずみゲージ式加速度センサー、単独接続の方法を幅広く解説しています。
加速度センサーの中でも高域の周波数を測定することができる機器で、また衝撃性にも優れ軽量でありながら小型タイプの物まで様々に存在します。
振動や衝撃などの計測にも使用できるセンサーになり、ゆがみが生じると電荷が印可される特徴を有しています。
従ってこの性質を利用したセンサーで産業用では幅広く利用されております。

圧電型加速度センサー(計測器)の特徴

圧電型加速度センサー(計測器)の特徴 圧電型加速度センサー(計測器)は振動を加えることで、ゆがみが生じることになりますが、それによって電荷を生じることでその電荷の量を調べることでゆがみの状態の強弱を計測することが可能です。
この技術を応用することで自動車・航空機などの乗り物、他にも工作機械やコンパクトディスクなどでも活用されております。
その圧電型加速度センサー(計測器)の主な特徴は、高い衝撃性が存在すること、軽量・小型タイプにできることです。
そのため振動などが発生する劣悪な環境下でも測定することに優れた計測器になります。
PCなどに接続を行うことで、そのモニターにより人間による視覚的な監視にも応用して利用することができます。
またモード解析を行う上でも、優れた圧電型加速度センサー(計測器)となります。

加速度計測器に用いるサーボ型加速度センサー

加速度計測器に用いるサーボ型加速度センサー 計測器はもちろん測定したい内容によって様々な種類に分かれ、中には加速度を測定するものもあります。
そしてその加速度測定の中でも複数のセンサーがあり、そのひとつがサーボ型加速度センサーです。
内側には振り子が設置されていて、それが加速度によって動く構造となっています。
計測器のサーボ型加速度センサーに加速度の変化が発生すると、振り子のみが慣性の法則に従って元の状態を維持しようとします。
その違いが計測の元になるわけですが、そのままでは振り子はすぐに限界位置まで移動してしまいます。
そうならない仕組みとして、周囲には電気信号によって振り子に力を加える構造があります。
電気が流れてコイルが働く強さを変えられる仕組みで、動こうとする振り子を逆の力によって抑えるようにする役割があります。
振り子が動こうとする力は加速度に基づいているため、それと均衡する力を出すための電流の量がコイルから判明できるというわけです。
これがサーボ型加速度センサー基本的な原理で、電気的な仕組みをしているため精度が高いのが特徴です。
またその構造さえ実現できれば良いので、サイズを小さくしやすいのも強みです。
そのような特徴があるため、幅広い場面で使用されます。

計測器は定期的な校正が必要になっています

ISO9001の観点から、監視機器及び測定機器の管理は規定されており、定められた間隔や使用前において国際や国家計量標準にトレースできる計量標準と校正することになっています。この必要性はISO9001要求事項を満たすことはもちろん、自社製品の品質や仕様の確保・保全などにも必要です。
計測器は経年変化などによって誤差が生じることがあり、その誤差は測定精度に影響しないということをチェックするため必要があります。ISOでは周期などは規定されていませんが、定期的に行うことにより計測器の状態を確認することが可能です。計測器で検査されたり、判定基準に適合していることを確認することから、製品の品質が確保されたり保全されていることを間接的に立証することができます。一般的な周期として1年を採用しているところが多く、同じ測定機器でも使用する環境や使用頻度などが違うので、1年後にチェックした時に計測に影響がでる変化がないかを確かめることをおすすめします。数年繰り返すことによって実績を積みながら、使用環境に適した周期が見えてくるでしょう。

電気の計測器を利用する場合に注意すべきこと

"電気の計測器を利用する場合には、いくつかのポイントに注意をしなければなりません。まず、電源を利用する物の場合には、その品質を意識することが必要です。
電源の品質を意識する事は日常生活ではあまりないことが多いのですが、計測器の場合にはこれが測定結果に大きな影響を及ぼしてしまうことが多く、誤った結果が出力されてしまうこともあるので意識をしなければなりません。そのため、このような計測器の場合には電源のほかにアースを接続する仕組みとなっているものも多く、これを確実に行うことで測定値の安全性を図ることができます。
また最近では電池やバッテリーを利用するものも多いのですが、これらも電圧が低下してくると影響を受けてしまうものです。予備の電池やバッテリーなどを準備しておき、必要に応じて適宜交換することが重要です。電気の計測器を利用する場合にはこのような細かい配慮を行っていくことが、効率的な利用につながることを覚えておく必要があります。

オシロスコープは正弦波などの波形を観測jできる計測器

正弦波や矩形波、のこぎり波やパルスなど電子回路内では様々な電圧および周期が変化している回路もあります。
発振回路などは、正弦波を使いCPUの基準周波数としていたり、時計表示にも発信回路が使われます。
これらは波形と呼ぶもので計測器を使うことで正しい電圧および周期を確認することが可能です。
電圧は縦方向の目盛を読み現在のレンジにかけ合わせて計算する、周期は横方向の目盛と読み現在のレンジにかけ合わせて計算します。
これらの目盛を持つ計測器のことをオシロスコープと呼びますが、オシロスコープの大半は10:1のプローブが使用されているのが特徴です。
最近のオシロスコープは、USBインターフェースが内蔵されていて表示されている波形をデータの形でパソコンにコピーすることもできます。
コピーしたデータをワードなどの文書ファイルに挿入すれば、電子回路の報告書や不具合解析書など様々な文書で使うことができるなどのメリットがあります。

オシロスコープなどの計測器が代表的なプローブとは?

プローブは、測定点に接触させて電気的特性を測定する計測器の部品名称、もしくは特定部位に近づけて物理的特性や機械的特性を測定する計測器の部品名称です。
電気的特性を見るときに使用されるオシロスコープは、この該当部品の代表的な計測器になりますが、オシロスコープの場合は先端がバネ構造になっていて、手持ち部分をスライドさせると先端には鍵手となるようなものが現れ、測定ポイント例えばテストピンなどに固定することができるようになっています。
電気的測定では信号とアース間の電位を計測する形になりますが、先端の鍵手となる部分は信号成分に対してのポイントに接触させる、ワニ口クリップが付いている部分を接地して波形を観測することができます。
なお、オシロスコープのプローブには、電圧と電流の2つの種類があり使い分けができるようになっているのが特徴ですが、一般的にはDC電源やAC電源などの波形を観測する電圧用タイプが使用されるケースが多いといえます。

計測器センサーの仕組みや機能について説明

センサとは環境の変化を検出して、ほかのシステムに出力するデバイスのことです。
センサーは私たちの日常生活でも使用されていますが、なかでも温度の計測に使用されている水銀温度計は、日本でももっともよく知られているセンサといえます。
温度センサは温度計測用の一般的なもので、熱電対や抵抗体、サーミスタ、赤外線温度検出器などがあります。
ロードセルは4つのひずみゲージセンサを所定の形状の胴体に貼り付けたもので、ロードセル構造にかかる力の付加または除去に応じた計測器です。
加速度は振動や衝撃を計測するもので、変位と速度を計算するために積分や二重積分することもあります。
電流センサは解析目的で計測するもっとも基本的なエネルギー形式のひとつで、電流シャントを使用して電流を電圧に変換することができます。
このようにさまざまな計測器が私たちの身の回りにはありますから、それぞれの仕組みを理解したうえで便利に利用するとよいでしょう。

3次元レーザースキャナーは非接触な計測器

3次元レーザースキャナー、これは測量の分野だけなく製造業界の中でも活用されている非接触の計測器の総称です。
計測対象に対してレーザー光線を放射状に放射させて表面形状の3次元座標を取得する、これにより製造中の部品の寸法が図面で要求されているものと合致しているのか否かを確認することができます。
3次元レーザースキャナーは、どのような形状でも正確に3次元座標の取得ができること、仮に測定対象物がとても柔らかく計測器の端子などを当てると正確な寸法測定ができないようなものでも正しい数値を得ることができるメリットを持ちます。
例えば、ノギスなどの場合はモノを挟むような形で使う計測器で、スポンジなどのように挟むことで圧力が加わり正しい数値を得ることができません。
その点、3次元レーザースキャナーは対象物にレーザーを照射するなど非接触な計測器ですから、断面部分に光線が当たれば測定点を得ることができるそして正確な数値を導き出せるメリットがあります。

計測器と測定機の違いやそれぞれの特徴について

モノづくりの現場では、日々測定や計測といった作業を行っているケースは多いといえましょう。
測定と計測、いずれも測るなどの意味を持つ言葉になりますし、英語でもmeasurementの意味を持つ言葉です。
ただ、計測工学の分野ではこれらは明確な違いがあり、使い分けが行われていることをご存じですか。
JISは日本工業規格を意味するものですが、JISの中での定義によると測定はある量を基準として用いる量と比較して数値もしくは符号を使い表記すること、計測は特定の目的を持ち事物を量的に捉える目的の方法や手段、このような定義が行われています。
計測器は測定機と呼ばれることもありますが、定義の中での厳密な使い分けはないようです。
なお、計測器といった呼び方よりも3次元測定機もしくは3次元測定器などのように呼ぶケースが多く、これをあえて3次元計測器を使い寸法測定を行うなどの言い方をされる人は少ないのではないでしょうか。

プログラマブル直流電源についてはコチラもチェック

プログラマブル直流電源についてもっと学ぶ

新着情報

◎2021/10/7

情報を追加しました。

> 計測器は定期的な校正が必要になっています
> 電気の計測器を利用する場合に注意すべきこと
> オシロスコープは正弦波などの波形を観測jできる計測器
> オシロスコープなどの計測器が代表的なプローブとは?
> 計測器センサーの仕組みや機能について説明
> 3次元レーザースキャナーは非接触な計測器
> 計測器と測定機の違いやそれぞれの特徴について

◎2021/2/15

温度計のバリエーション
の情報を更新しました。

◎2020/10/12

電流計測器の計測方法
の情報を更新しました。

◎2020/8/7

計測器の半導体式加速度センサ
の情報を更新しました。

◎2020/06/30

サイト公開しました

「計測 センサー」
に関連するツイート
Twitter

22/06/28-05:00 センサ計測値をお知らせします 》事務室CO2 [f0:ab:54:2b:ea:cc] CO2濃度=451ppm 電池残量=USB給電 RSSI=-52dB 閾値アラート=正常範囲内 ログ機能=停止中(データ有り) 自動校正=停止中 基準校正=停止中

22/06/28-05:00 センサ計測値をお知らせします 》事務室 [f0:ab:54:01:06:81] 気温=30.03℃ 湿度=64.13% 電池残量=87% RSSI=-48dB 閾値アラート=閾値越え

22/06/28-04:00 センサ計測値をお知らせします 》事務室CO2 [f0:ab:54:2b:ea:cc] CO2濃度=477ppm 電池残量=USB給電 RSSI=-67dB 閾値アラート=正常範囲内 ログ機能=停止中(データ有り) 自動校正=停止中 基準校正=停止中

22/06/28-04:00 センサ計測値をお知らせします 》事務室 [f0:ab:54:01:06:81] 気温=30.03℃ 湿度=64.19% 電池残量=87% RSSI=-48dB 閾値アラート=閾値越え

ドイツ製センサー搭載 [ LAD WEATHER ラドウェザー ] 雑誌掲載 ブランド 心拍計測/デジタルコンパス/高度計/気圧計/温度計/天気予測 機能 アウトドア 腕時計 ミリタリー[楽天]